横浜イクメン日報

35歳のイクメンの日々、毎週水曜、土曜の週2回更新です。身の回りに起きる出来事を紹介します

スポンサーリンクス

4D超音波 うまく撮れず マタニティ&ベビーフェスタ2017

うまくとれず、、、でした。

f:id:hsasak:20170408111430j:image

 

ずずーん 、ががーんです。

上記写真は普通のエコーと同じなんですけどね。

まずはエコーで顔の位置を確認した後に、

実際に4D撮影をします。

 

で、結論は、、、、

 

撮影できませんでした!!

 

正確には撮影したけど、何がどうなってるか一切わからない画像でした。d

 

もっとキレイにカラーで赤ちゃんの画像が撮れるはずだったんです。

でもこれはあくまでも研修なんですよね。

助産師さんの研修に対する、

 

モデル 

 

的な役割だったわけです。

美容師で言うところのカットモデルみたいなもんです。

なので、たくさん検体となる妊婦さんは待っているわけだし、

撮影する側(医療従事者のみなさま)にとっては、

ウチの撮影が失敗しても次のモデルがあります。

 

もちろん、そんな雰囲気はお医者さんも助産師さんも出すことはありませんが、

受ける側の我々としましては、

それくらいの、失敗する可能性もあるとだけ思っていたほうが

期待はずれの結果になることも多いので、

覚悟が必要だと思います。

 

ということで、

助産師さんの研修も兼ねているので、

一発目はまだヘタみたいですね。

 

オススメなのは、同じ時間の回(例えば10:30開始の回なら、早めに並ばず、後ろめに並ぶ)だとしても、

できるだけ後に受付すること。

 

待ち時間が嫌だと思っても、

待ったほうが助産師の方々の技術も上がってくるはずです。

待つためのスペースやイスもあるので、

あまり急がずに行ってくださいね!