横浜イクメン日報

35歳のイクメンの子育て奮闘日報です

スポンサーリンクス

子供の成長を感じる1歳前後の楽しみ方

2018年6月26日

Hide-kichiです。

 

最近、もっとも楽しいことが、こにゃちゃんの日々の成長を感じることでして、1歳前後では特にさまざまな成長が見られて、親としてはとても感慨深いものがあります。

 

あんよ

ずりばいしかできなかったのが、急にハイハイをしだすようになって、ハイハイがうまくなると同時くらいに急につかまり立ちをはじめました。

さらに先週から毎日のダンボール歩行訓練スパルタバージョン(といっても、こにゃちゃんもボクもとても楽しいです)で、独り歩きができるようにトレーニングを積んでいます。

こにゃちゃん本人もとても楽しんでいるようでして、自分からダンボールのところにハイハイして向かっていっては、ボクに”手伝って”と言わんばかりの視線を送ってきます。

 

hidekichi-ikumen.hatenablog.com

 

ボクはこのダンボールの大きさをいろいろ試して、試行錯誤して、サイズや重さ(中には数冊の本と、ゴルフボールを入れています)を工夫しました。

ダンボールが軽すぎるとコケちゃうし、サイズが小さかったり、大きかったりすると、うまく押せない。ゴルフボールを入れておくと、動くたびにダンボールの中で音が鳴るので楽しいです。

こんな風に売っているものに頼らず、自分でおもちゃを作ってみると、親も楽しめます。

ものまね

1歳前後からずいぶんものまねができるようになりました。ものまねといっていもタレントのものまねではなくて、、、

 

ボクが「べーっ」っと舌を出すと、こにゃちゃんも「べー」っと舌をだしてくれます。

 

ボクが「ギューッ」と目をつむると、こにゃちゃんも「ぎゅっ」っと目をつむってくれます。

 

カーテンを使って「いないいないばあっ」とすると、同じ様にカーテンから顔を出したり、隠れたりしてくれます。

 

とってもカワイイですね。カワイイから楽しいです(笑)

 

食事

これがものすごく難儀でして、生後5ヶ月くらいから離乳食を始めていたのですが、なかなか食べてくれません。

今はお米大好きで、硬さはボクと同じ大人と同じご飯を食べています。ただし、ほぼ丸呑み。

 

いまは噛むことを教えたいので、ハンバーグとか、柔らかめに茹でた人参や大根を5〜10mm角に切って与えています。何度か口に入れたりだしたりするのですが、根気よく与えていると、少しずつ噛む感覚を掴んできていくれています。

 

なんてったって、保育園では8月から離乳食が終わって、幼児食に移行するので、全く食べられなくなってしまうのがとても恐ろしいです。。。

 

食材を茹でる工夫とか、とても勉強になることがありまして、楽しいです。

例えば、、、

 

人参って、小さく切らずに大きいまんまで茹でるほうが柔らかくなるんですよ。知ってました???

 

茹でると人参は表面に膜を張るので、小さく切ってから茹でると全体が膜で覆われてしまってお湯が浸透しづらくなるんですって。

確かにカレーの時に大きく切ったヤサイが思ったより短い時間で柔らかくなってたりします。

 

発見があって楽しい。

 

子育てを楽しむ

こんな感じで、ボクのような前向き人間はなんだかんだ大変だと思いながらも、こどもの成長を楽しんだり、新しい発見に気づいて楽しんだりしています。

 

これまでダラダラ過ごしていた時間も、効率的に時間を過ごすための工夫なんかを考えたり、自分の中の意識が大きくかわってきているのを感じています。

 

子育て本ではないですが、考え方が変われば、気持ちも変わる。ということで、ボクの前向きヤロー人生のバイブルはコチラです。仕事にも育児にもとっても刺さる言葉が描いてあります。人生、楽しみましょう。