横浜イクメン日報

35歳のイクメンの子育て奮闘日報です

スポンサーリンクス

平日にサラリーマンが赤ちゃんと過ごすことができるのは、たったの2時間

みなさん

おはようございます

Hide-kichiです。

 

ボクは仕事が終わって家に帰ってくると、こにゃちゃんと遊びます。ボクがこにゃちゃんと平日に触れ合える時間は最大で4時間程度。実際は8時間くらい眠っていると考えると、1日16時間あるとしたら、1日のうちの4分の1しか触れ合える可能性が無いわけです。

実際は平日は朝出勤までの1時間と、夜は定時ダッシュで帰って来ても18時に最短の帰宅。寝る21時までの3時間しかありません。実際はほとんど残業があるので、1時間から1時間半程度しか無いんですよ。

 

この時間をいかに有効に使ってこにゃちゃんと触れ合うのが、楽しみなわけです。

 

【朝】

大の字で寝ているこにゃちゃんをこっそりと見に行きます。(ボクはこにゃちゃんとヨメちゃんと、寝室を分けています)

とってもかわいい寝顔に癒やされます。

 

そして、リビングに連れてきて、朝は機嫌がとってもいいので、床に転がして、寝返りの練習をしたり、おむつを変えたり、お着替えを手伝ったりします。

 

しあわせ。

 

【夜】

だいたい残業があるから早く帰ってこれても19:30頃なんです。

帰ってきて、ご飯をたべて、20:00。そのあと、ヨメちゃんに先にお風呂に入ってもらう間に、絵本を読み聞かせしたり、おもちゃであそんだりします。

絵本は鉄板の3冊があるんですよ。

 

 

どんどこどん (幼児絵本シリーズ)

どんどこどん (幼児絵本シリーズ)

 

 

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

 

 

 

やさいさん (PETIT POOKA)

やさいさん (PETIT POOKA)

 

 

 

これらは鉄板。みなさん、好き嫌いはあると思うのですが、どんなに泣いていても、不機嫌でもこいつを読み始めれば、ご機嫌回復です。

 

どれも擬音系ですかね。勢いを大事に読んでいます。

 

それから こどもちゃれんじ についてくるおもちゃで遊んでいるうちに、ヨメちゃんがお風呂から出てきます。

 

そして、ボクはこにゃちゃんをお風呂に入れます。身体を洗って、一緒に湯船に浸かります。

 

これが一日の楽しみです。

 

1日最大でも4時間。実際は2時間程度しか過ごすことができないと考えると、毎日毎日をもっと大事にしていきたいと思いました。